佐藤 敬さんの器

作家シリーズ第2弾佐藤敬さん(陶芸家/益子在住)のご紹介です。

蹴りろくろと登り窯にこだわり作られた作品は

抑えた淡い黄色・薄グレー・白色に部分的に

大・小の鉄点がポツポツと浮き出ていたり…

釉薬の流れ方でそれぞれの表情が異なる黄粉引の器

シンプルでどこかあたたかい風合いの佐藤さんの器に『丹波の野菜を盛り付けたい!』と一目惚れ

半年間待ちに待って納品して頂いた器たちです。

ぜひ手にとってご覧ください 
ギフトにもオススメです(❁´ω`❁)
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

佐藤 敬 takashi sato

1976年長野県生まれ。
アメリカの大学に留学後、唐津で3か月修業し、
茨城で作家活動を開始。25歳で益子の陶芸作家、

成井恒雄に師事し、以来、益子で活動を続ける。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○